忍者ブログ
個人的メモ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


対象のファイルを取得する
C:\>adb pull /system/etc/gps.conf
C:\>adb pull /data/gps/secgps.conf

取得したファイルをPCで編集
----------------------------------------
secgps.confの編集
----------------------------------------
#Generated by GpsLocationProvider.
#Sun Apr 24 02:38:27 JST 2011
SSL_TYPE=0
SSL=0
OPERATION_TEST_MODE=0
POSITION_MODE=7
ACCURACY=50        →1000
SESSION_TYPE=2
ENABLE_NMEA=false
SERVER_MODE=0
START_MODE=WARM
GPS_LOGGING=0
DYNAMIC_ACCURACY=1
AGPS_MODE=0        →1
ADDRESS_MODE=1
OPERATION_MODE=MS BASED
USE_DEFAULT=false
DYNAMIC_ACCURACY_VALUE=50 →1000
SUPL_PORT=7275
ENABLE_XTRA=false     →true
TIMEOUT=1000        →10000
NUM_OF_FIX=999999999
SUPL_HOST=dcm-supl.com
----------------------------------------

----------------------------------------
gps.confの編集
----------------------------------------
NTP_SERVER=north-america.pool.ntp.org →jp.pool.ntp.org
XTRA_SERVER_1=http://xtra1.gpsonextra.net/xtra.bin
XTRA_SERVER_2=http://xtra2.gpsonextra.net/xtra.bin
XTRA_SERVER_3=http://xtra3.gpsonextra.net/xtra.bin
----------------------------------------

rageagainstthecageファイルをC:\にコピーしておく。
このファイルはSuperOneClickのインストールフォルダに存在する。

リカバリモードで再起動
C:\>adb restart recovery

起動したら/tmpにrageagainstthecageとgps.confをコピーする
C:\>adb push rageagainstthecage /tmp
C:\>adb push gps.conf /tmp

シェルを立ち上げ、rageagainstthecageを実行可能にして実行する。
C:\>adb shell
$ cd /tmp
$ chomod 777 ./rageagainstthecage
$ ./rageagainstthecage

シェルを立ち上げるとrootになる。
既存ファイルのバックアップを取り、所有者・パーミッションを合わせておく。
C:\>adb shell
# cd /system/etc
# cp gps.conf gps.conf.def
# chown root.root gps.conf.def
# cp /tmp/gps.conf ./
# chmod 644 gps.conf
# chown root.root gps.conf
# reboot

リカバリモードでは/dataはマウントされないので再起動。

secgps.confをmicroSDへコピーする。
C:\>adb push secgps.conf /mnt/sdcard/external_sd

SuperOneClickのShell Root後、シェルを立ち上げる。
既存ファイルのバックアップを取り、所有者・パーミッションを合わせておく。

C:\>adb shell
# cd /data/gps
# cp secgps.conf secgps.conf.def
# chown system.system secgps.conf.def
# cp /mnt/sdcard/external_sd/secgps.conf /data/gps
# chmod 704 secgps.conf
# chown system.system secgps.conf

 

拍手[0回]

PR


RyanZA's OCLF 2.0 をマーケットからインストール

起動後、ROOT許可し、
「Information」の画面で「Dismiss」ボタンを押す。
メニューで「Install EXT2 Tools」ボタンを押す。
「Install EXT2 Tools」で「Fire It Up」ボタンを押す。
「Install EXT2 Tools finished successfully.」と表示される。

メニューで
「OneClickLagFix V2.2+」を選択する。

サイズ設定で996MBにする。
「Fire It Up」を押して、再起動がされるまで待つ。

拍手[0回]

ファイルを端末にコピーする
adb push sample.txt /sdcard/

ファイルをローカル上にコピーする
adb pull /sdcard/sample.txt

ログを見る
adb logcat

アプリケーションのインストール
adb install sample.apk

拍手[0回]


【PC(Windows)】

SuperOneClick.exeを実行する。

左から2番目の「Shell Root」ボタンをクリックする。

「Device has a temporary ADB root! Reboot your device to remove it」
と表示される。「OK」をクリックする。

コマンドプロンプトを起動する。
下記のコマンドを実行
--------------------------------------------------------------------------------
C:\>SET PATH="C:\Program Files\Android\android-sdk-windows\platform-tools"
C:\>adb shell
--------------------------------------------------------------------------------


下記コマンドを1行ずつ順番に実行していく。
--------------------------------------------------------------------------------
# dd if=/dev/block/bml1 of=/sdcard/boot.bin bs=4096
# dd if=/dev/block/bml2 of=/sdcard/pit.pit bs=4096
# dd if=/dev/block/stl3 of=/sdcard/efs.rfs bs=4096
# dd if=/dev/block/bml4 of=/sdcard/Sbl.bin bs=4096
# dd if=/dev/block/bml5 of=/sdcard/recovery
# dd if=/dev/block/stl6 of=/sdcard/param.lfs bs=4096
# dd if=/dev/block/bml7 of=/sdcard/zImage bs=4096
# dd if=/dev/block/stl9 of=/sdcard/factoryfs.rfs bs=4096
# dd if=/dev/block/stl10 of=/sdcard/dbdata.rfs bs=4096
# dd if=/dev/block/stl11 of=/sdcard/cache.rfs bs=4096
# # dd if=/dev/block/bml12 of=/sdcard/modem.bin bs=4096
# dd if=/dev/block/mmcblk0p3 of=/sdcard/hidden.rfs bs=4096
# exit
--------------------------------------------------------------------------------

作成したイメージファイルをAndroidから抜き出す。
下記コマンドを1行ずつ順番に実行していく。
--------------------------------------------------------------------------------
C:\>adb pull /sdcard/boot.bin
C:\>adb pull /sdcard/pit.pit
C:\>adb pull /sdcard/efs.rfs
C:\>adb pull /sdcard/Sbl.bin
C:\>adb pull /sdcard/recovery
C:\>adb pull /sdcard/param.lfs
C:\>adb pull /sdcard/zImage
C:\>adb pull /sdcard/factoryfs.rfs
C:\>adb pull /sdcard/dbdata.rfs
C:\>adb pull /sdcard/cache.rfs
C:\>adb pull /sdcard/modem.bin
C:\>adb pull /sdcard/hidden.rfs
--------------------------------------------------------------------------------
C:ドライブ直下に上記ファイルが取得できているはずである。


【PC(Linux)】

「MODEM_SC02BOMJJ1.tar.md5」、「CODE_SC02BOMJJ1.tar.md5」を作成する。
--------------------------------------------------------------------------------
# tar --format=ustar -cf MODEM_SC02BOMJJ1.tar modem.bin
# md5sum -t MODEM_SC02BOMJJ1.tar >> MODEM_SC02BOMJJ1.tar
# mv MODEM_SC02BOMJJ1.tar MODEM_SC02BOMJJ1.tar.md5

# tar --format=ustar -cf CODE_SC02BOMJJ1.tar zImage param.lfs dbdata.rfs factoryfs.rfs cache.rfs
# md5sum -t CODE_SC02BOMJJ1.tar >> CODE_SC02BOMJJ1.tar
#mv CODE_SC02BOMJJ1.tar CODE_SC02BOMJJ1.tar.md5
--------------------------------------------------------------------------------

作成した「MODEM_SC02BOMJJ1.tar.md5」、「CODE_SC02BOMJJ1.tar.md5」を大切に保存しておく。

拍手[0回]


【SC-02B】

USBデバッグをONにする
 設定画面「アプリケーション」→「開発」→「USBデバッグ」

【PC(Windows)】

SuperOneClickをダウンロードする
ダウンロード元:http://www.4shared.com/file/O0BbX6IK/SuperOneClickv17-ShortFuse.html
取得ファイル:SuperOneClickv1.7-ShortFuse.zip

ZIPファイルを適当なフォルダに解凍する。
SuperOneClick.exeを実行する。

ウィンドウ左上の「Root」ボタンをクリックする。

しばらくすると・・・

「Root files have been installed! Would you like run a test?」
と表示されるので「はい(Y)」をクリックする。

「An 'su' command will now be send to your phone. You might have to select Allow in Superuser.」
と表示されるので「OK」をクリックする。

「You device has been rooted! Would you like to donate now?」
と表示されたら「いいえ(N)」をクリックする。

【SC-02B】

「Superuser」アプリが追加されている。
再起動する。(電源をOFFした後ONにする。)
 

拍手[1回]

 カレンダー 
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
 フリーエリア 
 最新CM 
[01/10 ggiptipxer]
[01/10 jdalsxpnie]
[01/10 qlddbgskvu]
[01/08 vie7vvic7r0]
[01/06 mlq6opvq6y1]
 最新TB 
 プロフィール 
HN:
384氏
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1976/08/07
 バーコード 
 ブログ内検索 
 P R 

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]