忍者ブログ
個人的メモ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【FTPユーザファイル作成方法】
 
ftpasswd --passwd \
--file=(ファイル名) \
--name=(ユーザID) \
--uid=1000 --gid=1000 \
--home=(ホームディレクトリ) \
--shell=/bin/false

※上記uidとgidはLinuxユーザ(/etc/passwd)の値を記載する。(記載した権限でファイルアクセスする。)

 
【FTPグループファイル作成方法】
 
ftpasswd --group \
--file=(ファイル名) \
--name=(グループ名) --gid=1000

【メモ】
/etc/proftpd/proftpd.conf は下記のように編集しておくこと
--------------------------------------------------------------------------------
AuthOrder mod_auth_file.c
AuthUserFile (上記で作成したユーザファイル名)
AuthGroupFile (上記で作成したグループファイル名)
--------------------------------------------------------------------------------

拍手[0回]

PR
【コマンド1行で行う場合】
 <新規ファイル作成する場合>
  htpasswd -b -c (パスワードファイル名) (ユーザID) (パスワード)
 <変更する場合>
  htpasswd -b (パスワードファイル名) (ユーザID) (パスワード)

【対話形式で行う場合】
 <新規ファイル作成する場合>
  htpasswd -c (パスワードファイル名) (ユーザID)
 <変更する場合>
  htpasswd (パスワードファイル名) (ユーザID)

拍手[0回]

Windows8(x64)でF-05Dのドライバがインストールできなくてはまったのでメモしておく。

Windows8では署名なしのドライバを標準状態でそのままインストールできないようである。

手順の流れは以下の通り。

1.テストモードに移行する。
2.「ドライバーの署名の強制」を無効化する。
3.ドライバをインストールする。
4.テストモードを解除する。

詳細の手順は以下の通り。

1.テストモードへの移行
 管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、次のコマンドを実行する。
 「bcdedit /set TESTSIGNING ON」

2.「ドライバーの署名の強制」の無効化

 ・[チャーム]-[設定]-[PCの設定変更]を選択する。

 ・Windows8の場合
  [全般]-[PCの起動をカスタマイズする]-[今すぐ再起動する]

 ・Windows8.1の場合
  [保守と管理]-[回復]-[PCの起動をカスタマイズする]-[今すぐ再起動する]

 ・[トラブルシューティング]-[詳細オプション]

 ・[Windowsのスタートアップ設定]を開く
 すると、下記のような画面が開くので、「再起動」ボタンを押す。
 -----------------------------------------------------------------------------------
 再起動して、次のようなWindowsオプションを変更します:
 ・低解像度ビデオモードを使う
 ・デバッグモードを使う
 ・ブートログを使う
 ・セーフモードを使う
 ・ドライバー署名を強制しない
 ・起動時マルウェア対策をしない
 ・システム障害時に自動的に再起動しない
 -----------------------------------------------------------------------------------
 再起動をすると、オプションの選択画面が表示される。
 「7)ドライバー署名の強制を無効にする」
 [7]を押す。
 デスクトップ右下に「テストモード」の表示がされ、ドライバのインストールが可能となる。

3.ドライバのインストール
 富士通サイトのドライバインストールの手順に従ってインストールを行う。
 http://spf.fmworld.net/oss/driver/f-05d/data/download.html

4.再起動
 OSを再起動する。
 これにより、上記2のオプション選択が解除される。
 「adb devices」コマンドによりデバイスが認識されていることを確認しておく。

5.テストモードの解除
 管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、次のコマンドを実行する。
 「bcdedit /set TESTSIGNING OFF」

6.再起動
 OSを再起動する。
 これにより、デスクトップ右下の「テストモード」の表示が消える。

拍手[2回]


 
1.DiCE for Linuxファイルのダウンロード
 
DiCE for Linux(http://www.hi-ho.ne.jp/yoshihiro_e/dice/linux.html)からファイルをダウンロードする。
 
# cd /tmp
# wget http://www.hi-ho.ne.jp/cgi-bin/user/yoshihiro_e/download.cgi?p=diced019 --content-disposition
 
 
2.ファイル解凍し、ダウンロードファイルを削除
 
# tar xvzf diced01914.tar.gz -C /usr/local/bin
# rm -f /tmp/diced01914.tar
 
 
3.設定
 
# cd /usr/local/bin/DiCE
# ./diced | nkf -uw
: setup
 
:setup
IPアドレスの検出方法を指定してください
(0) 自動検出
(1) ローカルのネットワークアダプタから検出
(2) 外部のスクリプトから検出
<現在:1>
(N)変更しない  (P)戻る
>2
-------------------------------------------------
スクリプトのURLを入力してください
<現在:>
(N)変更しない  (P)戻る
>http://ddnsclient.onamae.com:65000
-------------------------------------------------
プライベートIPアドレスも検出対象ですか? (Y/N)
<現在:はい>
(P)戻る
>n
-------------------------------------------------
IPアドレスの検出をテストしますか? (Y/N)
(P)戻る
>y
検出IPアドレス>xxx.xxx.xxx.xxx
-------------------------------------------------
IPアドレスの検出をテストしますか? (Y/N)
(P)戻る
>n
-------------------------------------------------
IPアドレスをチェックする間隔を指定してください(分)
設定可能範囲は5分以上です
<現在:10>
(N)変更しない  (P)戻る
>
=================================================
DNSサーバーの負荷を軽減するために頻繁なDNS更新を防ぐ必要があります
前回の更新から一定時間DNS更新処理を行わないように保護時間を設定して
ください(分)  設定可能範囲は10分から1440分です
<現在:60>
(N)変更しない  (P)戻る
>
=================================================
設定を保存しますか? (Y/N)
(P)戻る
>y
設定を保存しました
=================================================
 

拍手[0回]

「AddHandler cgi-script .cgi」がコメントアウトされていて動作しない。
でもこれがどこに記載してあるかがわからない。

→「/etc/apache2/mods-available/mime.conf」に記載してあった。

あと、/etc/apache2/sites-available/の中のファイルで、Options ExecCGIも忘れずに。

拍手[0回]

 カレンダー 
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 フリーエリア 
 最新CM 
[01/10 ggiptipxer]
[01/10 jdalsxpnie]
[01/10 qlddbgskvu]
[01/08 vie7vvic7r0]
[01/06 mlq6opvq6y1]
 最新TB 
 プロフィール 
HN:
384氏
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1976/08/07
 バーコード 
 ブログ内検索 
 P R 

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]